愛媛大学 農学部 生物資源学科 生物環境保全学コース愛媛大学 農学部 生物環境学科 環境保全学コース 環境計測学研究室

活動報告

卒修論・博士論

【卒業論文・修士論文・博士論文】

令和元年度

博士論文

Hoang Quoc Anh「Contamination Status, Emission Sources, and Risk Assessment of Organic Micro-Pollutants in the Air and Settled Dust: A Comprehensive Monitoring Study in Urban, Industrial, and Informal Waste Recycling Areas in Northern Vietnam」

修士論文

三澤 和文「香料内包マイクロカプセル剤およびマイクロカプセル農薬が及ぼす水生生物への影響評価」

HOA THI THUY DUNG「松山平野の河川におけるフィプロニルとその分解物の汚染実態解明と生態リスク評価」

卒業論文

笠原 晴海「マイクロプラスチックへの多環芳香族化合物の吸着挙動に関する研究」

世羅 弥江子「メダカのプラスチックビーズ摂食行動と多環芳香族炭化水素(PAHs)の毒性試験」

渡辺 桃加「トビにおける残留性有機汚染物質の蓄積と経年変化」

宇垣 祐貴子「Whole Effluent Toxicity ( WET ) 試験による各種排水・環境水を対象とした生態リスク評価」

 

平成30年度

卒業論文

青野 大地「生物試料中の全PCB異性体および臭素系難燃剤の簡便・迅速測定法の開発」

大橋 佳奈「LC-MS/MSを用いた農薬の一斉分析の開発と松山平野の河川における農薬モニタリング」

 

平成29年度

修士論文

冨岡恵大「ハイボリュームエアサンプラーおよびパッシブエアサンプラーを用いた大気中PCBs・PBDEsの捕集と吸着動態の解析」

卒業論文

後河内里佳「都市域及び自動車整備・解体処理現場における大気中微量有害物質の汚染実態と発生源に関する研究」

杉 貴浩「松山平野の水圏環境におけるネオニコチノイド系農薬の汚染実態解明」

宮川 涼「ハウスダスト中臭素系難燃剤の迅速測定法の開発」

 

平成28年度

卒業論文

小島雄大「ネオニコチノイド系農薬によるミツバチの汚染実態と曝露リスク評価」

島田一輝「松山空港の野性鳥類における臭素系難燃剤の蓄積特性に関する種間比較」

 

平成27年度

修士論文

高柳知佳「ベトナムの使用済み自動車解体処理地域における化学物質汚染-ダスト中のダイオキシン類縁化合物とその毒性同定評価-」

谷河正行「駿河湾深海生物中における残留性有機汚染物質(POPs)および新規臭素系難燃剤(NBFRs)の汚染実態とその経年変化」

卒業論文

冨岡恵大「松山平野の大気中PCBsおよびPBDEsの気相/粒子相配分と季節変化」

櫻田紘也「松山平野の河川水におけるネオニコチノイド系農薬汚染の実態解明」

松岡智里「松山空港のトビにおけるPCBsおよび臭素系難燃剤の汚染実態と経年変化」

平成26年度

修士論文

元木寛隆「南西諸島周辺海域の海洋環境中における残留性有機汚染物質(POPs)の分布と挙動」

山崎泰生「ミツバチ関連試料におけるネオニコチノイド系農薬汚染の実態解明」

卒業論文

古屋野裕介「日本海深海性魚類および底質の残留性有機汚染物質(POPs)による汚染実態解明」

宮井理紗「ベトナムELV処理地域におけるヒトへの有害物質の曝露実態」

矢野彩音「野生鳥類の長期保管試料を用いたPCBs・PBDEs汚染の経年変化」

渡部紘生「環境水中のネオニコチノイド系農薬の分析」

平成25年度

卒業論文

坂本守「水生生物に対するネオニコチノイド系農薬の影響-ミジンコ類を用いた急性遊泳阻害試験と毒性評価-」

高柳知佳「ベトナムの使用済み自動車解体処理地域における化学物質汚染-ダスト中のPCBsおよびPBDEsの汚染と曝露リスク評価-」

谷河正行「駿河湾の深海・浅海性魚類におけるPCBsおよびPBDEsの汚染実態とその経年変化」

小西伸英「ベトナムの使用済み自動車解体処理地域における化学物質汚染-ダスト中の環境汚染物質の多成分解析-」

平成24年度

修士論文

嵯峨俊太郎「作業環境周辺の底泥における有機ハロゲン化合物の分布と挙動」

西山達也「有機塩素系難燃剤デクロランプラス(DPs)及び残留性有機汚染物質(POPs)による底質汚染」

原口達彦「環境水中におけるネオニコチノイド系農薬の存在と挙動」

卒業論文

山崎泰生「蜂蜜中のネオニコチノイド系農薬の分析」

元木寛隆「南西諸島域の底質や土壌におけるMirex及びその他のPOPsの越境汚染」

平成23年度

修士論文

栫拓也「東アジア地域における残留性有機汚染物質(POPs)の越境汚染に関する研究」

杉本和勧「水圏環境中における有機フッ素化合物(PFCs)の分布と挙動に関する研究」

高橋里菜「リテンションインデックスを用いた水酸化PCBsの化学構造の推定に関する研究」

原田知佳「野生鳥類から検出される臭素化ダイオキシン類及び臭素系難燃剤に関する蓄積特性」

卒業論文

窪田智仁「ヒメダカ(Oryzias latipes)に対する医薬品及びパーソナルケア製品(PPCPs)の毒性影響及び界面活性剤共存下での複合毒性影響」

近藤靖高「ネオニコチノイド系農薬による水田及び周辺河川の水系汚染」

緋田麻奈美「カワウ(Phalacrocorax carbo)の卵より検出される臭素系難燃剤(PBDEs)」

柳原有希「南西諸島海域の海水から検出される残留性有機汚染物質(POPs)」